2010年02月06日

<鳩山首相>小沢氏事件捜査「冷静に見守る」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件に関し、小沢氏の進退を問う発言が党内から出始めたことについて「自浄能力を党として発揮しなければいけないのは、一般的な話としてはその通りだ」と語る一方、「今、検察が捜査している最中だから、冷静に見守るしかない」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。【小山由宇】

【関連ニュース】
鳩山首相:「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝
鳩山首相:山梨に地方行脚
鳩山首相:官邸に来ませんか…ブログで国民招待
鳩山首相:施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず
鳩山首相:2人目の孫、モスクワで男児誕生

高校生、ボーガン撃たれけが=傷害容疑で男を逮捕−神奈川県警(時事通信)
亀井氏釈明「不適切」 連続児童殺傷引用(産経新聞)
<知的障害者「基礎年金」>継続就労で相次ぐ減額や支給停止(毎日新聞)
鳩山首相 施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
笑顔で婚約発表=市川海老蔵・小林麻央さん(時事通信)
posted by 菅原 秀春 at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<京大病院>90代患者から高濃度インスリン検出(毎日新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で昨年11月、容体が急変して一時意識不明になった90代の入院女性の血液から、本来検出されるはずのない高濃度のインスリンが検出されていたことが分かった。病院は、何者かによって混入されたり、誤って投与されたりした可能性もあるとみて経緯を調べており、京都府警にも届けた。

 女性は循環器内科に入院中だった。同病院や府警によると、容体急変の原因は高濃度のインスリンによる低血糖発作。この女性の治療にインスリンは不要で、投与記録もなかった。女性はブドウ糖の投与を受けて一命を取り留め、既に退院し後遺症もないという。

 捜査関係者によると、女性の病室は一般病棟で、誰でも出入りできる。女性には以前にも似たような容体急変があったとの情報もある。【田辺佑介】

【関連ニュース】
今後の医療政策:鈴木寛副文科相ら招きシンポジウム
医療事故:誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛
医療事故:別の家族持参薬を誤投与、患者死亡 看護師確認怠る−−愛媛の県立病院
岩手医大医療過誤損賠訴訟:遺族の訴え棄却−−判決 /岩手
損賠訴訟:国立精神病院で患者死亡、2350万円支払い命令−−地裁判決 /千葉

<スマトラ沖地震>引き金は潮汐力 防災科技研(毎日新聞)
<横浜市>07〜08年度に不適正経理 別年度納入や預け(毎日新聞)
亀井氏「うるさい」発言で官房長官が陳謝(産経新聞)
「12人大家族」自宅全焼も父強し!翌朝も新聞配達(スポーツ報知)
ドイツ人の画家が東京タワーに不思議なアート(産経新聞)
posted by 菅原 秀春 at 06:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。