2010年05月31日

「情報管理不徹底の原因は…」 鳩山首相会見(産経新聞)

【首相会見詳報】(3)

 −−首相は普天間問題について5月末決着といった。今日の合意は沖縄と社民党の合意がない不完全なものだが、これで5月末決着といえるのか。自らの発言を踏まえて、参院選の結果次第では責任をとる考えはあるか

 「今、ご質問頂きましたように5月末までに連立3党、沖縄のみなさん、さらには米国の理解を頂きたいとそのように再三申し上げてきたことは事実であります。米国の理解は得られたわけではございますが、残念ながら沖縄の県民のみなさん、もっとも重要な方々の理解を頂くにはいたっていません。このことに関してはこれからもねばり強く沖縄のみなさま方にご理解を深めていただくために精いっぱい努力してまいらなければならないと思っております」

 「また、連立与党の一員であります社民党の福島(瑞穂消費者・少子化担当相)党首を今回罷免せざるをえないということになりました。まさにざんきに堪えない思いでございます。この連立3党の維持はこれからも努めてまいりたいと思っておりますし、社民党さんに対しても私どもの今回の政府の決定をさらにねばり強くご理解を求めてまいりたい。私どもとしては、このことにこれからも最善を尽くすしかないと考えております」

 「そして、参議院選挙ということでございますが、まずは当然その1つのテーマになることは間違いないかと思っておりますし、私どもとして現在参議院選挙、まだそのことを十分に考える暇もないほどでございますが、しっかりと戦ってまいらなければなりません。責任という話に関しては今ここでは全力を尽くして国民の皆さんに民主党の、特に連立与党の考え方にご理解を深めていただくためにこれからも最善を尽くすしかない、そのことによってその責めを果たしていきたいと考えております」

 −−日米共同声明では辺野古の代替施設について位置や工法などの検討を8月末までに行い、2プラス2で確認する段取りになっている。2プラス2はいつころまでに開くのか。2014年までの移設完了をどのように進めていくのか。全国自治体が受け入れに消極的な米軍訓練の分散移転の検討など移設にかかわる全体のスケジュールをどう考えているのか

 「2プラス2を次回いつ開くのかということでございますが、これはまだ日程的には決まっているわけではありません。ただ、常識的に考えればオバマ米大統領が来日される予定のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)までの間には当然2プラス2は開かれるものだと理解しております」

 「それから、2014年までの移設完了に関してでございますが、当然のことながら一番大事な沖縄の県民のみなさま方のご理解を深めていくことでございます。そのためには仲井真(弘多沖縄県)知事をはじめ、あるいは名護の市民のみなさま方のご理解を深めていくということ、そのことに誠心誠意心を尽くしてまいりたいと思っておりまして、私ども辺野古周辺に代替の施設を建設するということを2プラス2で、米国との間で申し合わせたわけでございますので、その方向に向けて最善の努力を積み重ねていくと、そのことで環境のアセスの問題があるわけでございますが、できる限り2014年までに完了できるようなスケジュール感をもって進めてまいりたいとそのように考えています」

 「それから分散移転、訓練の分散移転でございますが、これはそれぞれのもうすでに自治体に、訓練のお願いを申し上げ、もうすでに行っているところもございますが、さらに新たな地域に対してこれから自治体のみなさま方と協議をしていきながら、できるだけ早く訓練の分散を図ってまいりたいと思っております。また、自治体によらずに訓練の分散を県外に、事実上県外移設するということもさまざま考えてまいりたいと思っておりまして、色々なやり方があろうかと思っておりまして、それを最大限駆使してできる限り普天間の現在の危険性というものを早急に除去する手だてを講じてまいりたい。そのことが私は一番重要なことだと考えています」

 −−首相は政治主導を掲げて政権をスタートした。結局、移設先が辺野古に戻ってきた経緯を見ると、これまで交渉に携わってきた外務省や防衛省といった、これまでの交渉の蓄積や経験が十分に生かされたのか。政治主導の政策決定について何か反省することはあるか

 「確かに政治主導ということで官僚のみなさま方にはさまざまな知恵、知識というものを提供して頂きながら最終的な判断というものを政治家が中心となって行ってまいるように今日まで、これは普天間の問題だけではありませんが、さまざまなテーマにおいてそのような方向で努力をしてまいりました。必ずしも、そのことがまだ8カ月の中でヨチヨチ歩きだという思いをみなさま方持っていると思いますが、必ずしも試行錯誤の中で十分に機能してきてこなかった部分もあろうかと思います」

 「ある意味で政治家たちが肩ひじを張りすぎて、全部自分たちが考えるんだという発想の中で、必ずしも十分優秀な官僚たちの知識、知恵というものを提供をせずに行動してきたきらいが、あるいはあるかもしれません。ただ、普天間の問題に関しては必ずしもそのことが当たっているとは思いませんで、防衛省、外務省の官僚の皆さん方の知恵を頂いてまいったところでございます」

 「そこの中で私が1点申し上げることができるとすれば、やはりこのような大人数でしかもある意味で必ずしもすぐに公表することができないようなさまざまな情報というものがかなりその途中の段階で漏れてしまうということがございました。その原因は必ずしも定かではございませんが、そのことによって、報道がされ、さまざま国民にご迷惑をおかけしたということも現実にありました。このいわゆる保秘というかですか、秘密を守るということが必ずしも十分に果たされてこなかったということは、ある意味で政治主導の中で難しい官僚の皆さん方の知識を頂きながら歩ませていくという中での難しさかなと、そのように考えています」

 −−今回、迷走を繰り返した印象を一般市民が受けたと思う。理由は色々な案が出ては消え、出ては消えを繰り返したからではないか。首相は本来は出るべきではない情報が外に出てしまったといった。これは政府として由々しき事態だと思うが、何らかの対策は打たれることはあるか。政府の情報管理について問題があったということをいったのか

 「情報管理に関して、いま先程のご質問にお答えしたようにやはり問題ないとはいえなかったと、そのように思っております。事がやはり米軍施設ということでありますだけに、例えば地域が漏れるということになれば、そのことによって、結果としてある意味で好意的に思っていた方も大きな流れの中で極めて厳しいお考えになってしまうということもあろうかと思います。その意味で情報管理が極めて不徹底な部分があったと申し上げなければなりません。そして、そのことの原因、やはり政権交代の難しさかなと実は私は思っている部分があります。あまりこれ以上、申し上げるべきではありませんし、私自身の不徳の致すところかもしれません」

 「すなわち、新政権に対してすべて本来、政府が一致して協力をしていかなければならないところが必ずしもそのような思いでないようなところから、情報が漏れるというところもあったのではないかと思っておりまして、もっとみんなを信頼させるというような度量の深さが、広さというものが私自身にあるいは閣僚に求めているんだなとそのように感じています」

【関連記事】
「なぜ決断できないのか」 渋々「辺野古」を明言
決断遅れた口蹄疫 「政治主導」いずこに
「民主は誤った政治主導」自民チームが批判
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」
国公法改正案が衆院通過 政治主導法案は審議入り

橋下府知事、知事会合意は「幼稚園」レベルと批判(産経新聞)
父の日にバラを! 鳥取・米子でバラ摘みイベント(産経新聞)
<国家公務員>改革全体像は先送り…採用4割減(毎日新聞)
<皇太子さま>「みどりの愛護」つどいに出席 兵庫・三木(毎日新聞)
自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
posted by 菅原 秀春 at 21:20| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

大阪市三セク元所長を逮捕 回数券1470万円分横領容疑(産経新聞)

 大阪市の第三セクター「大阪港トランスポートシステム」(同市住之江区)が販売していた大阪港咲洲トンネルの有料回数券を大量に着服したとして、大阪府警捜査2課は17日、業務上横領の容疑で、同社トンネル管理事務所の元所長、淵田達男容疑者(62)=兵庫県芦屋市、依願退職=を逮捕した。府警によると、淵田容疑者は認否について「留保します」と話している。

 逮捕容疑は、回数券の販売責任者だった平成17年4月から19年10月にかけて、100回利用できるトンネル通行回数券計約780枚(1470万円相当)を着服したとしている。

 大阪市などの調査では、合計で約1万枚(2億円相当)の回数券が所在不明になっており、府警は淵田容疑者が換金目的で横領を繰り返した疑いもあるとみて全容解明を進める。

【関連記事】
大阪市三セク元所長を逮捕へ 回数券2億円相当不足で横領容疑
資産運用で預かった30億円横領 容疑の元公認会計士を逮捕
振り込め詐欺元リーダー「キング」に3億賠償命令 東京地裁
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
経理女性3億2400万円横領、使途は本当にアレだけ?
中国が優等生路線に?

病気腎移植、2カ月半後に死亡=「因果関係は不明」―宇和島徳洲会病院(時事通信)
子宮頸がんワクチン 小6女児に集団接種 全国初(産経新聞)
青木幹雄氏が脳梗塞“参院のドン”引退決断(スポーツ報知)
出店荒らしなど452件、容疑で男ら最終送検 大阪府警(産経新聞)
「一部ユニット型」特養、広島にも2施設(医療介護CBニュース)
posted by 菅原 秀春 at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。