2010年04月22日

救急車のAED作動せず=心肺停止の男性死亡−大阪市(時事通信)

 大阪市は21日までに、今月7日に心肺停止状態の男性(60)に対して、救急隊員が救急車に備え付けの自動体外式除細動器(AED)で救命処置を行ったものの、故障で作動せず、男性が翌日搬送先の病院で死亡した、と発表した。
 AEDは、「日本光電工業」(東京都新宿区)製の「TEC−2313」。機器自体は作動したが、電気が体に取り付けるパッドまで伝わらなかったという。同社の調査の結果、機器内部の部品が欠落していたことが判明したが、欠落原因については不明。同機種は、全国で884台使用されているが、同社は「単発的な故障」として、自主回収などは行わない。 

夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
JOC会長ら3人 参考人招致を決定 五輪招致特別委(産経新聞)
韓国の日本料理店で密輸鯨肉販売か 米研究チームが遺伝子解析(産経新聞)
posted by 菅原 秀春 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。